HOME >  音楽理論  >  初心者作曲講座  > 第二話「音楽の構造」

第二話「音楽の構造」

「おい!道化師?どうやったんだこれ?」
「さっきのは適当に弾きましたよ。メロディーさえ解っていたら他の音やコードは 教授が好きな論理で構築できるのですよ。」
「おおう?それはすごいな・・・でどうするんだ?」
「さっきの教授のメロディーに簡単な伴奏をつけてみましょうよ。 さっきのメロディーは、ソ・ソソー、ソ・ソソー、ソ・ソソーなんですよ。ソしか使ってない所がまた・・・天才的ですね、教授」
「ん?そうだろ。君がわかりやすいように単純なメロディーにしてやったのだよ。 で、簡単な伴奏つけるんだろ?早くしろ。」
「そうですね・・・まず単純に低音にソ・レ・ソを加えて弾いてみましょう。
「なんだか、単純で無表情な曲だな・・・。」
「確かに無表情ですね・・・音楽ってのは曲のなかで山があったり、谷があったり して立体的なんですよ。さっき加えた音はソ・レ・ソだけだったので平面的に聞こえますよね。」
「そうだな・・・やはり私の○根のように盛り上がらなくてはな。」
「そうですね・・・・・・さっきのに加えて違う音を入れて弾いてみましょう。
「おおう?これは園児のお遊戯みたいだな。さっきのより立体的な音楽だな。」
「数小節の音楽でも、音を落ち着つかせたり、ふわふわさせるだけで 音楽に立体感や空間性がでますね。」
「そう言えば曲で、Aメロ・Bメロ・サビとかあるが、あれは山や谷って捉えていいのか?」
「ええ、そんな感じです。ずっと平面ではつまならいですしね。まぁそういう音楽もありますけど。」
「おおう・・・曲に山や谷を持たせるのはわかった。しかしどうやって音楽を立体的に盛り上げたり、盛り下げたりして表情つけるんだよ? おい、道化師教えろよ。」
初心者作曲講座

初心者作曲講座

Beginer
初心者作曲講座:理論なんて考えずに使わずに作曲してみよう♪
  1. 第一話「まずはじめに」
    次郎とわるつの対談。
  2. 第二話「音楽の構造」
    音楽ってどんな構造になってんの?
  3. 第三話「コードについて」
    メロディーにコードを付けると、どう化けるか?
  4. 第四話「コードの種類」
    コードの種類を実際に音を出して解説する。
  5. 最終話「ダイアトニックスケール」
    メロディーに付けるコードの探し方。
  6. 番外編「上田次郎の訪問」
    音楽教室に現れた上田次郎。なにがしたいのか...。
  7. 番外編「上田次郎の発声練習」
    歌の練習をすると言うので練習に付き合うわるつ...だったが

音楽理論

RSS

RSS リーダー等で、ニュースの RSS を登録しておくと、いち早く更新記事をご覧になれます。

RSS受信